LUNA(ルーナ)サプリ 妊娠中

LUNA(ルーナ)サプリは妊娠中に服用してもいいの?

 

バストアップに欠かせない女性ホルモンはLUNAサプリでUPすることができます。
女性ホルモンを摂取することができるサプリは結構な数ありますが、LUNAは2種類のサプリを体のホルモンバランスによって飲み分けるという特徴があります。

 

女性ホルモンは生理中とそのほかで大きく異なるので、女性ホルモンを摂取するサプリは生理中に飲むことができないことが多々あります。
その点、LUNAは2種類のサプリでホルモンバランスの変化に対応することができるため、生理中に摂取することができ、バストアップをしたいという女性にはぴったりのサプリといえますね。

 

 

妊娠中にもLUNAでバストアップできる?

生理中だけでなく、妊娠中にもLUNAならバストアップできるんじゃないか、と思っている人がいるかもしれません。
しかし、妊娠中は赤ちゃんへの影響などもあるので、LUNAを摂取するのはおすすめできません

 

摂取したとしても体調が悪化する可能性があり、妊娠中にLUNAを摂取するメリットがほとんどありません。

 

LUNAはまったり期とキラキラ期のふたつの周期に合わせてサプリを飲み分けるようになっています。
生理が来るときは黄体ホルモンであるプロゲステロンが分泌され、子宮内膜が厚くなりそれがはがれるときで、プロゲステロンの分泌から生理が終わるまでがまったり期となっています。
卵胞ホルモンのエストロゲンが分泌され妊娠の準備ができている期間がキラキラ期です。

 

プロゲステロンは流産を防ぐ働きがあるのですが、プエラリアを摂取してしまうと流産の可能性が高くなってしまう可能性があるんです。
プエラリアはキラキラ期のサプリに含まれています。
赤ちゃんの命とバストアップでは、赤ちゃんの命の方が大切なはずです。
必ず流産をするわけではありませんが、ホルモンバランスが乱れやすい妊娠中ンバストアップのサプリを飲むのは避けるようにするべきです。

 

 

注意事項を守って健全にバストアップ

 

注意事項を守ってLUNAを摂取するようにしないと、悪影響が出てしまう可能性があります。ホルモンバランスは体の働きを健全に保つうえで非常に大切なもので、バストアップサプリの飲み方を間違えるとそのホルモンバランスを乱してしまう可能性があるということを理解しておきましょう。

 

ひとつ目の注意は、妊娠中や授乳中などのホルモンバランスが不安定な時は摂取をやめるか、医師に相談するという点です。
妊娠中や授乳中以外でも、女性ホルモンを病気などの治療のために投与していたり、生理周期に問題があったりする場合は、バストアップサプリが悪影響を与える可能性があるので医師に相談するようにしましょう。
女性ホルモンを直接投与していなくても、ピルなどの薬を服用している場合も副作用が考えられるので注意しましょう。

 

次の注意点は過剰摂取は絶対にしないという点です。

 

サプリを飲み始めると、早く目に見える効果が欲しいと思ってしまい、ついつい飲みすぎてしまう人がいます。

 

しかし、サプリは総じて飲めば飲むほど効果が出るというものではありません。
LUNAも大量に摂取すれば効果が出るというわけではありません。

 

LUNAをはじめとしたバストアップサプリには女性ホルモンの量を増やすような働きがあり、多量に摂取してしまうとホルモンバランスの乱れに繋がってしまいます。
体の負担になってしまうことも多々あるので、必ず決められた量を飲むようにしましょう。

 

また、他のバストアップサプリと併用することで、LUNAを過剰摂取していなくても、結果として過剰摂取になってしまうこともあります。
バストアップサプリに含まれている成分はプエラリアなど共通のものが多いので、いくつもサプリを飲む必要はありません。
他のサプリも飲む場合にはそういった成分の過剰摂取に注意するようにしましょう。

 

ホルモンバランスの変化に合わせてサプリを飲み分けるというLUNAの特徴は、ホルモンバランスが変化することの多い女性の体にぴったりです。
せっかくしっかり体のことを考えて作られているのに、摂取の仕方を間違えることで体の負担になってしまったのではもったいないです。
しっかり注意点を守るようにしましょう。

 

 

関連記事

ルーナサプリはバストアップ効果なんてあるのか?体験口コミレビュー

LUNAサプリ楽天などの販売店価格比較!

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  






LUNAサプリ トップへ